ホーム > Iroiroha Blog > カラーセラピスター

カラーセラピスター

11/17(日)シマアツ:キッズアート

Angelアートカラーセラピー Iroiroha 

iroha-logo.jpg

カラーセラピスタ  mami です

 

11/17(日) 噂の<シマアツ>

コワーキングスペース ミラクルさんにて
Iroirohaキッズアート出店しました。

ご来場頂いたみなさま、ありがとうございます。

 

ママのお膝でワークする子

IMG_7447.JPG

作品づくりに熱中する子ども達

IMG_7451.JPG

こんな小さな子でもグルグルやるだけで
とっても素敵な作品に・・・

IMG_7455.JPG

大人のアートセラピーも承りました。

IMG_7450.JPG  IMG_7461.JPG

 

私自身も色んな気付きがあり、
とても有意義な時間となりました。

ありがとうございますhappy01

 

シマアツ・・・島田がアツイ!

今後とも島田を宜しくお願いします。

 

ご縁にカンシャ!
本日もありがとうございますheart01

カラー診断やってます

Angelアートカラーセラピー Iroiroha 

iroha-logo.jpg

カラーセラピスター の mami です
いつもありがとうございます!

最近はカラーセラピーの方で活動する事が多く
カラー診断のお仕事を受ける事が少なくなって来ましたが、
先日、高校生のカワイイ女の子のカラー診断を
させて頂きました happy01

シーズンカラー診断

をご希望との事でしたので、
色を4種類(春・夏・秋・冬)に分類したフォーシーズン
のうち、似合う色のグループの提案を
実際にドレープを当てて一緒に見て行く手法です


カラー診断をさせて頂いて、いつも伝えるのは

 「似合う色しか着てはいけない 
  と言うワケではない」

と言うことです。

色とココロは繋がっています。
いくら似合うシーズンカラーだからと言っても、
その色を身につける気分でなかったら、
その方自身が引き立ちません。

ここぞ!と言う時(就活や結婚式だったり)に、
その似合うシーズンカラーを身につける事で
色彩があなたに代わって、あなたの良さを引き出してくれる

色彩はあくまで引き立て役なのです。

似合うシーズンカラーを知ることで、色の選択肢が狭まるかと思いきや
意外に広がる事も多くあります。

そして似合う色と、好きな色が
必ずしも一致しているとは限りません。

似合う色を知りたい方は、カラー診断
好きな色の意味を知りたい方は、カラーセラピー
どちらも興味のある方は両方のメニューを
Iroirohaでは取りそろえています。

(詳しくはメニューをご覧ください)

気の合うお友達同士、出張カラー診断&カラーセラピーも
行っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

本日もありがとうございますheart01

サクラ散る・・・を見るココロ

Angelアートカラーセラピー Iroiroha 

iroha-logo.jpg

カラーセラピスター の mami です

先日<サクラにココロ惹かれるワケ>のブログを発信しました

今回は<サクラ散る>に込められた心について
お伝えしましょう

サクラに心を奪われ、
ワクワクしたり、気持ちが前向きになったり、
そんなサクラも、時期が来れば散っていきます

サクラ散る・・・

みなさんはどう感じられますか?


 「なんだか寂しいわ」

 「とってもキレイで素敵」


サクラが散る光景は、
見る人によって違うようです

これも、あなたの<意識>を感じるいい機会です

サクラが“散る”・・・
<散る>事を無くなると意識して、
無くなることは寂しいと感じる方

サクラが散る・・・
風に舞うサクラ吹雪を見て
「キレイだなぁ」と意識して、
花びらが舞う“今”を楽しむ方
 

あなたのココロの状態がどんな風なのかが
わかるものです

サクラに限らず、全ての事がそうなのです

 あなたの<意識>を感じる出来ごと
 あなあのココロからのメッセージを受け取るタイミング

なのだと、私は感じています


ちなみに、私はサクラが満開なのも好きですが、
サクラが散る光景も大好きです

サクラ吹雪は、
とても幻想的な映像を見ているようで
心が洗われる気もします

そして、サクラが散った後
木々に葉っぱが生い茂る生命力も
感じる事が出来ます


サクラの木々にとって、
サクラを咲かせるのは種子を残す
大事なミッションですが、

その後の自らの生命力を発揮させ、
また次の世代へ命を繋ぐ準備をする

木々自体の命が輝く大事な時を迎えるための
サクラ散る・・・
 

だとしたら、
なんだか前向きに取らえられる気になりませんか?

サクラ散った後こそ、
木々の人(木)生本番なのですから

・・・なんだか人間と同じかもしれませんね・・・

 

読んで頂き、ありがとうございますheart01
 

サクラに心惹かれるのは・・?

お母さん・妊婦さんと 子どもと 家族のための
Angelアートカラーセラピー Iroiroha です

iroha-logo.jpg

寒い冬が明け、朝晩まだ寒いですが
いよいよ春本番!

桜も満開です ✿

週末、娘と息子と一緒にお花見に行きました
娘が初めて「お花見に行きたい」と言ったのです
若干7歳のガキンチョが、
そんな大人っぽい事を言うようになったのかと
成長を感じた母です

さて・・・では

 なぜ人はサクラに心惹かれるのでしょう?
 

色彩心理の観点から見ると・・・

 サクラの淡いピンク色と、人の心が共鳴するから

なのです
 

長い冬の間、私たちが目にするモノは
枯れた草木(茶色)、寒い冬空(どんより雨雲色)
人々が着る服の色も、黒・茶色・灰色
と地味な色が多いですね

冬眠・・と言う言葉がありますが、
まさに冬は人の心も眠かった状態

そんな寒い冬を超え、出逢うサクラの淡いピンクは
人々の中に「春が来たよ」と教えるメッセンジャーです

春が来ると少しワクワクしませんか?
「新しく何かを始めようかな?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません

そんな心に、サクラの淡いピンク色は共鳴するのです

まさに、心が開放的になる準備をする色
服装も一気に明るくなりますね
暗い色 → 明るい色 を取り入れる準備をする色
とも言えるかもしれません

もしサクラが、ショッキングピンクや真っ赤だったらどうでしょう?
もしかしたら、ここまで人の心を奪わなかったかもしれません


 サクラがこの時期咲くことも

 サクラが淡いピンク色なのも

 全ては宇宙(そら)の約束(byハートオブミラクル)・・・


こんなにも人の心を動かしてくれるサクラ・・・
有り難いことです

今日はサクラに感謝をこめて・・・

ありがとうございますheart01

子どもの絵

 

2011.10.28.JPG2010年1月 娘が描いた絵です

子どもはよく絵を描きます。
上手下手という価値観ではなく、
自分が描きたいように、ココロのままに筆を動かすので
とても純粋で、どの子の絵を見ても心が和みます。

うちの子ども達もお絵描き好きで、
長女が保育園時代には、毎日のように描いた絵を
持ち帰って来ました。

そこにはいつも

『まま だいすき』

とか

『まま いつもありがとう』

なんて言葉がついてくるので、
私は今でも捨てられない絵がたくさんあります。

どんなに子どもを叱っても、
こっちの気分で子どもにアタってしまう事があっても、
子どもはいつもいつも、そのメッセージを未熟な私(母)に与えてくれます。
(絵以外にもたくさん)

まさに、無償の愛・・・heart01

子どもが親に与えてくれる<愛>こそが、
本当の<無償の愛>なんだろうなぁと、
いつも気づかされます。

 

そんな子どもの絵には、
子ども自身の心の声が描かれている事が多いと
長年子どもの絵の研究をされている、色彩学校主宰の末永先生も
おっしゃっています。

とかくお母さんは、子どもの使う色や描く絵柄に過剰反応し、

 「こんな色使って、この子大丈夫かしら?」

 「この絵なんだか怖いわ・・・。何かあったのかしら?」

なんて心配したりします。
まぁ、同じ母親としては、その気持ちもわかりますが・・・coldsweats01

ただ、詮索は禁物。
お母さんが持っている色のイメージを押しつける事も
禁じ手ですng
子どもには絵を描く事くらい、自由にさせてあげて欲しいと思います。

ボキャブラリーに限りがある小さい子どもほど、
絵を描く事で心の中の楽しい事、悲しい事、苦しい事を
発散している事が多いものです。
どんな色を使っていても、どんな絵柄を描いても、
表現出来ている事をほめてあげて欲しいと、私は思うのです。


今は自奔放に絵を描いている子ども達も学校に入ると、
成績がつくことで、上手下手の価値観が否応なく植えこまれます。

そこでいい点数の取れなかった子ども達が
大人の私たちもよく口にする

 「絵が苦手」「下手だから」「センスないから」

と言う価値観になり、自由に表現する事に対して
臆病になってしまうのです。

かつて私たちも、今の子ども達と同じように
あんなにも堂々と、悠々と、
心のままに表現をして来た事があった事を忘れて・・・

 

そこで、Iroirohaでは
子どもがのびのびと自由に表現できる場を・・・と思って
Iroirohaでは<キッズカラーセラピー>を始めます。
(詳細は<新着情報>でUPしています)

 

大人向けのTalk&ArtCAFEも間もなくスタートです。
詳細は<新着情報>でUPします。

お楽しみにnotes

 

ちなみに、Iroirohaではお子さんの描く絵についての
ご相談も受け付けております。

お子さんとお母さんと共同作業の<対面ワークショップ>を用いて
ご相談に応じます。

お気軽にお問い合わせください・・・mail

 

お母さんカラーセラピスターです

お母さん向けのカラーセラピーを始めたのは、
他でもない、私自身が<お母さん>だからです。

だから、私の肩書きは

 shine<お母さんカラーセラピスター>shine

(※セラピスターとは、“セラピスト”と“スター”を合わせた造語です)

 

東京青山:色彩学校の存在を知り、第一子妊娠中に<色彩セラピー>の
勉強を始めました。

心も体も不安定な妊娠時期に、勉強とは言え色を使って
セルフセラピーが出来た事は、とてもラッキーなことでした。

 

 cherry体調が不安定なとき

 cherry精神的に不安なとき

 cherry楽しい事があったとき

 cherry嬉しい事があったとき、幸せなとき

 

日中一人で過ごすことが多かった私は、
目の前の画用紙(ぬり絵)に、思いをぶつけていました。

 思えば、あれがお腹にいた赤ちゃんとの
 最初のコミュニケーションだったかもしれません・・・

私の心が安定する事が、お腹の赤ちゃん(娘)にとって
何よりも嬉しい事だったように思います。

そのお陰か、娘はとても穏やかでよく寝るとてもいい子
(赤ちゃんにしては育てやすい子)でした。

 

それから来る、怒涛のような密着子育ての時間。
親族が近くにいない、いわゆる孤立した状態で
イライラした時も、落ち込んだ時も、自己嫌悪に陥った時も、泣きたくなる時も
やはり同じように表現する事で、セルフセラピーをして来て
<自分>と向き合って来ました。

 

この<自分と向き合う時間>が、“お母さん”にはほとんど持てない。

“お母さん”は忙しくて、子どもや家族の事でいっぱいいっぱい。

本当は一番大切にしなくてはいけない<本当の自分の声>に気づけずに
心の中のコップの水が溢れても、頑張って頑張って・・・疲れてしまうのではないか?

 

そんな気がして、お母さん向けのカラーセラピー・アートセラピーを始めました。
モニターは私自身。

だからこそ、ご縁のあったお母さん達のお話しを
同じ“お母さん”として聞かせてもらっています。

 

 子育てが楽しいお母さん

 子育てがちょっと辛いお母さん

 子育てから逃げたいお母さん

 

どんなお母さんでも、たった30分。
今の自分と向き合う時間が持てたら、きっと明日からの子育てが
違って見えるのではないかな?

いや、違って見えるようになるといいなぁ・・・

と思って、<お母さんカラーセラピースター>をやっています。

 

体験ワークショップは随時受付しています。

お気軽にお問い合わせください!mail

1
PAGE TOP