ホーム > Iroiroha Blog > 2012年1月

2012年1月

1/28 島ママ初企画:防災講座でした

Iroiroha主宰の私は、島田のお母さん達で構成されている

 島ママDream~ママの夢をカタチにする会~

の代表も兼務しています。

ブログ記事は・・・http://www.iroiroha.net/blog/dream/ 

 

その島ママ初イベントが、去る1/28(土)に開催されました。

題して・・・
 【パパとママに向けた防災講座】

防災食を調理したり、
311のボランティアに参加した人からの報告、
参加者の交流

無事終わった時には、なんだかメンバーの距離が
グッと近づいた感じがします

そして、さすがお母さん!と言うほど、
みんな色んなシュチュエーションの中、自分が何が出来るかを
考えて行動していたのは、とても素晴らしい!と思いました。

 

当日の様子は島ママブログにて掲載

http://ameblo.jp/shimamama-dream/entry-11150339007.html

 

今後の島ママ企画は、誕生学・マママルシェ・手芸教室・コンサート
などなど
幅広く、企画・実施・運営していきます

興味のある方は、是非 shimamama_dream@yahoo.co.jp へ
ご連絡下さい

メンバーはもちろん、企画提案も募集しています。
お気軽にどうぞ~

お待ちしています!

キッズカラーセラピー(1/23)

1/23(月)はキッズカラーセラピーの日でしたhappy01

最初は、前回お休みの子もいたので復習も兼ねて・・・
<希望の丘>を描きました

CIMG2694.JPG

 

<希望の丘>の基本は、濃い黄色と緑のハーモニー

でも「違う色でやってみようか!」と提案すると
Cちゃんはまるで夕暮れのような作品を創ってくれました

Hちゃんは、樹を描くのに「何色でもいい?」と聞いて来ました

最初は基本に沿ったモノを教えるつもりでしたが
そんな色の気分ではない時だってあります
(色彩心理研究者はわかります)

なので 「いいよ」 と言うと、
なんとも素敵な色の樹を描いてくれました

 

指ならしが出来たところで、もう一枚

CIMG2697.JPG

<山>

パステル和アートでは、紅葉の山を描くのですが
ここでも「何色でもいいよ~」と言う事で、
子ども達に色使いはお任せしました

これも個性が出て、とても素敵でしょheart04

 

<希望の丘>にしても<山>にしても、
基本に忠実に教えればいいとは限りません

そもそも、このキッズアートセラピーは
どうしても制限を強いられてしいがちの子ども達の
ココロをのびのびさせる場所としてスタートしたもの

子ども達が子ども達の好きな色を
好きなように使って楽しむ事が大事だと
私は考えていますconfident


そんなキッズ向けのパステルアートは
体験者随時募集中です

カッターが上手に使える子どもさんなら
何歳でもOKです

ママさん達が興味あるようなら
親子で参加頂いてもOKです

お気軽にお問い合わせくださいmail

 

 

ピンチはチャンス!

お母さんと妊婦さんと子どものための
アートカラーセラピー Iroiroha です

iroha-logo.jpg
 

先日ニュースで、被災地の社長たちが
ビジネス市場を求めて海外へ進出している
と報道されていました

繊維メーカーの布を見て
海外のバイヤーが

 「こんな高品質の素材があるなんて
  驚きです」

と言っていました

311の震災がなかったら、
こんな事はきっとなかったでしょう

いや、例えあったとしても
まだまだ先の事だったかもしれません

311の震災は、私たちに色んな事を教えてくれています
被災された方達、命を失った方達のためにも
私たちはそれを教訓に生きて行く義務があると思います

そして、それをチャンスに変える事も可能だとも
私は思うのです
 

知ってましたか?

 PINCH(ピンチ)

の後ろから2文字<CH>は

 CHANCE(チャンス)

の頭から2文字<CH>に続いているんですよね

 

ピンチはチャンス!

お母さん達の世界でも、ピンチは日々転がっています
でも、これはチャンス!なのです

子どもではなく、
お母さんが成長するためのチャンス!

そんな機会を与えてくれている子ども達は
やっぱり<師匠>だなぁと、
私は思うのですconfident

イライラする事も、ムカつく事もあるけれども
子どもって、有り難い存在です
感謝していますよ、本当はね

お母さんはスゴイ!

お母さんと妊婦さんと子どものための
アートカラーセラピー Iroiroha です


iroha-logo.jpg

 

お母さんはスゴイ!


島田市が被災地の瓦礫受け入れ問題で揺れています

瓦礫を処理する焼却場がある地区のお母さんたち と
焼却後の灰を埋め立てる地区のお母さんたち が
そして、おのお母さんのママ友達たちが今
つながり合って、署名活動をしています。

こういう時に動くのは、やっぱり子どもを持つ<お母さん>

昨日までフツーのお母さんだった人が、
子ども達を守るために、ペンを持ち奔走しています

ほんと、お母さん達のパワーがものすごい!

 

 「子どもを母親が守るのあたりまえ

  どの動物も同じでしょ」


自然にそう言える、あるお母さんがいました

確かに、TVで見る野生の動物たちも
猛獣から子どもを守ろうと母親達・仲間達は必死です

本能で子どもが自分達の未来を創っていくことを
動物ですら知っているのです


だったら、お母さん達が子ども達を
放射能から守ろうとする事はあたりまえのこと

いくら
「安全 安全」
と言われても、“安心”は得られない・・

だったら行動しよう!

そう思って、感じて、気付いて
子ども達を、未来を守ろうと動けるのは
他でもない<お母さん>なのです

しかも昨日まではフツーに家事・育児・妻をしていた
<お母さん>たちです

今まで動く気がなかったお母さんも
色んな理由で動けなかったお母さんも
自分で動くことが出来ないお母さんも

アクションしているお母さんと繋がることができます

さぁ、今こそお母さんたちがつながるチャンスです

ドンドン、つながって行きましょう!

お母さん達の母力(ボリキ)を繋げて
子ども達に明るい未来を残して行けたら
私はとても素敵だなと思います

 

瓦礫受け入れ反対署名活動は・・・

「安心して暮らせる島田をつくる親の会」天野枝里子さん 0547-36-3572

「静岡県を守る会」 中部地域 代表 増田明

を中心に動いています
 

興味のある方は、天野さんに直接連絡するか、
サロンあてにメールを頂ければと思いますmail

(単純に放射能が危険だから反対と言っているのではありません
 被災地の方の事を考えて、もっと別のカタチでの支援を!と
 お母さん目線で提案もしています)

いまのキモチ

お母さんと妊婦さんと子どものための
アートカラーセラピー Iroiroha です


iroha-logo.jpg

 

いや~、すっかりブログをご無沙汰していました。

この一週間、ほんと大変だったぁ~
いろいろあった~・・・

いろいろ悩んで
いろいろ考えさせられて
<自分>を再認識させられて
でも、気持ちの持って行き場も不安で、
正直苦しかったです

子どもを抱きしめて見つめていると
ポロポロ涙が出てきて、
自分と言う存在の小ささも見えて来ました

悔しさと、悲しさと、憤りのない気持ちを
私は<色>にぶつけていました

ココロのキャンパスに、
ぐっちゃぐっちゃに描きまくった

そしてハッと気付いたとき、
雑念ではなく、本当の<自分のココロの声>が聴こえて来ました


 あなたは なにが やりたいの?


私は、お母さん達をつなげたい!
お母さんのココロを繋げたい!

色んな人がいて、
色んな考えがあって、
色んな意見があっても

<お母さん>なら繋がり合えるはず

私と同じように、
ココロが苦しいお母さんもいるだろう
ココロが悲鳴を上げているお母さんもいるだろう
不安でこの先が見えていなお母さんもいるだろう

そんなお母さんと手を繋ぎたい


 大丈夫だよ、ひとりじゃないよ

 不安だったら、一緒に手をつなごう

 だって私も不安だもの


お偉い先生になんてなりたくない
そんな人になるつもりもない

ただただ、私はこの地域のお母さん達と同じ目線で
私も同じお母さんだよと伝えて、
このサロンが地域の【かけ込み寺】になればいいと思う


島田市の被災地の瓦礫受け入れ問題
賛否両論あるだろう

いいとか、悪いとか、
賛成とか、反対とか、

そんな枠ではなく、お母さん達一人ひとりが意識を上げて
繋がっていけるように

不安や怒りや悲しみだけではなく、
お母さん達が自分の足元をまず見れるように
私はお母さん達と繋がっていきたい

だって、お母さんはスゴイ!んだもの
母力が集まれば、なんだって出来る!rock

キッズカラーセラピー(1/16)

1/16(月)は、今年初めてのキッズカラーセラピーでしたconfident

子ども達の楽しい冬休みが終わった後なので、
ワークショップをしながら、

 冬休みのこと

 サンタさんからのプレゼントのこと

 お正月のこと

 お年玉のこと

色々お話ししながら、進めて行きましたhappy01

 

まずはいつものウォーミングアップ
<円>ワークです

  12.1.16-1


次は・・・【パステル和アート協会】の基本手法から
<希望の丘>

  12.1.16-2

 

描かれている2本の樹には

 「ひとりじゃないよ」

 「いつもそばにいるよ」

のメッセージが込められています。
素敵でしょheart01


【パステル和アート協会】での絵には
この2本の樹が度々登場します。

2本の樹が寄り添っていたり、
しっかり自立している樹だったり、
1本は大きく、1本は小さかったり、

色々ありますが、そこから見えて来るココロにも
耳を澄ませる事が出来るきっかけの一つだと
私は考えています

 

次回は23日(月)15:30~ です。
 

体験レッスンは随時募集中です。
お気軽にお問い合わせください。mail

【お母さん業界新聞】島田版創刊!

お母さんとこどものためのアートカラーセラピー~Iroiroha

2012年仕事始まりから、怒涛の日々を送っていますdash
(すっかりブログもご無沙汰でした・・・)


今月より、【お母さん業界新聞】静岡島田版を創刊しました!
編集長は私です。

以前住んでいた平塚市でも<平塚西湘版>編集長をやっていました。
島田へ引っ越してきてから、いつかやりたいなぁと思っていましたが、
なかなか思い切れず・・・

2012年を期に、再度立ち上がる事にしました

でもね・・・よくよく考えたら、
出来ない理由を自分で勝手に並べていただけなんですよね。

 時間がない

とか

 印刷場所がわからない

とか・・・。
そんな事、どうにでも事なのに。


  できるか できないか ではなく

  やるか やらないか


そう思い出させてくれたのは、他の地域で編集長をしている
お母さん大学の同志達でした

やりたい!やる!
と決めたら、内容や印刷場所の心配よりも
ワクワクドキドキで、もう楽しくて楽しくてlovely

そんな感覚で平塚版では動いていたのも思い出して

 あぁ、私ってほんとこういう仕事が好きなんだなぁ

と感じました


以前の平塚版では、<お母さんのココロ>をテーマに
新聞作りをしていました。

でも島田版は、平塚とはまた違うイメージで
<お母さんのつながり>をテーマに作って行きたいと思っています。

もちろん<お母さんのココロ>は大前提なので、
それにも基づいて、地域のお母さん達にとって身近な新聞でいたいと
思っています。

そして、この新聞を通して、色んなお母さんとつながって、
色んなご縁・出逢いがある事に、
私は今最高にワクワクドキドキしています。

どうぞ、末永くヨロシクお願いします。


現在地域版発行部数は500部です。

配布協力してくれているのは、

 ・ゆたか保育園

 ・島田市社会福祉協議会

です。

基本的にはお母さん達に手渡しで繋がって行きたいと思っていますので
興味のある方は、一度ご連絡を頂ければと思います。

Iroirohaサロンには常備していますので
お気軽にお越しくださいませ

新年のご挨拶

fuji 新年あけまして おめでとうございます

2012年がより素晴らしい年になりますよう

お祈り申し上げます

 

そして、今年も<お母さんのココロ>を大切に

アートカラーセラピー活動

お母さん業界新聞普及活動

お母さんの地域活動 等

力を入れて行こうと思っております

 

どうぞ、よろしくお願いいたします!happy01

1
PAGE TOP